3200本目は、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』

 ロバート・ゼメキス監督映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2(原題・BACK TO THE FUTURE PART Ⅱ)』(1989年公開)を観た。見てもいいし見なくてもいい。
 BenQ HT2550Mを使って久しぶりに見返すので期待したのだけど、映画としての出来は程々。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(2018/5/17掲載)を見ておけば、その後の展開は蛇足なだけ。
 80インチ(1ST SCREENのMB-80W)で見ると、マイケル・J・フォックスとクリストファー・ロイドの画面の手前から奥へ、奥から手前へと行ったり来たりの演出がより効果的に見える。画面が大きくなると奥行きを感じられるようになる。これは視覚の不思議でもあり、大画面にする最大の理由と思われる。
 CGは今の目で見るとかなり荒い。デロリアンが空中浮遊して木々と映像が重なると黒いノイズが発生している。覚えてないけど、この映像で当時は驚いていたのだろうか?。目は肥えるもんだねえ。
 ジョージ・マクフライ役、ジェニファー・パーカー役ともに、役者が『バック・トゥ・ザ・フューチャー』とは違っている。出演を断ったり、親族の病気とか、撮影の裏側はドタバタしている感じ。それが画面に出たのかな?。
 マイケルとクリストファーが使っているトランシーバーはArcherのSpace Patrol Walkie-Talkies 60-4014と思われる。
 劇中、Michael Jacksonの「BEAT IT」が流れる。
 今日の英単語。
 「MR. FUSION」デロリアンの燃料投入口に書かれている。実在する会社名で実はコーヒーの豆挽機らしい。2015年の未来社会でCDやLDが廃棄されているリサイクルセンターにもFUSION INDUSTRIESと書かれている。「I need fuel.」燃料がいる。「What the hell is going on here?」いったいどういうことだ。ここでいったい何が起こっているんだ?。「taxicab」タクシー。
 「DESTINATION TIME」目的時間。デロリアンのダッシュボードに取り付けられたタイムトラベルをするための年月日時間表示計。その上段、赤いデジタル表示の下にある説明書き。「PRESENT TIME」現在時間。中段の緑色のデジタル表示。「LAST TIME DEPARTED」最後に出発した時間。下段の黄色のデジタル表示。
 「two thousand fifteen」2015年。「Change clothes.」着替えろ。「It's pouring rain.」土砂降りだ。pourで、注ぐ。「FOOTWEAR」履物。NIKEの丸いバッグに書かれている。「Precisely on schedule.」予定通りだ。preciselyで、正確に。
 「This thing doesn't fit.」でかいな。未来の服なのでthingと呼んでいると思われる。「size adjusting」サイズ調整。「YOUTH JAILED」若者が投獄された。新聞記事の見出し。「SPORTS ALMANAC 1950-2000」スポーツ年鑑。マイケルが未来(2015年)で購入する本。almanacで、暦、年鑑。
 「This is heavy.」大変だ。マイケルの口癖。「Hello. Anybody home?」だれかいますか?。トーマス・F・ウィルソンがマイケルの頭を小突きながら言う。「Chicken.」臆病者。「Novody calls me chicken.」誰にも俺のことを臆病者と呼ばせない。
 「All I want is a pepsi.」私がほしいのはペプシだけだ。ペプシの提供を受けているのか、すごく宣伝臭い。「complete wimp」完全な弱虫。「Are you in or out?」乗るのか乗らないのか?。計画に参加するのかしないのかを迫る言い方。「MATTEL」マテル社。玩具メーカーの名。HOVER BOARD(飛行ボード)に書かれている。
 「butthead」大馬鹿者。「lightning」雷。「bet」賭ける。「DeLorean」デロリアン社。自動車メーカー。タイムマシーンに改造された車はデロリアンのDMC-12だが、通称がデロリアン。「few bucks」小遣い、と訳されていた。数ドルの意。「LITTER BUG」ゴミを捨てる虫。ポイ捨てする人。
 「SKEWED ON」SKYWAY CONDITIONを表示する電光掲示板に表示される単語。映画の中では「渋滞」の意味で使われているけど、調べても出てこない。「trank」精神安定剤常用者?。「lobo」ごろつき、悪党。「ziphead」麻薬中毒者?。「the chapel of love」簡易結婚式、と訳されていた。
 「hydrator」映画内ではピザを解凍する(数倍に大きくなる)機械のことを言っている。本来は冷蔵庫の保湿室のことを言うらしい。「Prove it.」証明しろ。「terminate」解雇する。「YOU'RE FIRED!!!」クビだ。「Drop it.」置け。「slacker」落ちこぼれ、怠け者。
 「GAMBLING LEGALIZED」ギャンブル合法化。「You want to take a poke at me?」俺を殴りたいか?。poke atで、突く、小突く。「This can't be happening.」起こるわけがない。ありえない。「English, Doc.」ドク、簡単に話してくれ。Speak English.で、わかりやすく言って。
 「What's the catch?」何か裏があるんだろう?。catchで、わな、落とし穴。「idiot」バカ。「coincidence」偶然。「binoculars」双眼鏡。「walkie talkie」トランシーバー。「KEEP OFF THE GRASS!」芝生に入るな。「manure」肥やし。「Let me show you.」いいか。説明してやる。スポーツ年鑑が正しく未来を言い当てていることをラジオで確認するときのセリフ。
 「What's the report?」どうした?、と訳されていた。トランシーバーでの会話でクリストファーがマイケルに質問している。「Oh là là」あらまあ。トーマスが持っているポルノ雑誌?のタイトル。フランス語らしい。「DISCIPLINE」規律、統制。ストリックランド先生の部屋の前のプレート、ドアのガラスに書かれている。学校での役職かと思ったけど、該当する意味はなかった。
 「CPR」心肺蘇生法。cardiopulmonary resuscitationの略。「wallet」財布。「TUNNEL AHEAD」この先トンネル。道路標識に書かれている。「I'll be there.」了解、と訳されていた。「in my hand」手中に。「Mission accomplished.」任務完了。「Do you read me?」聴こえるか?。トランシーバで確認している。「TO BE CONCLUDED」さらに続く、と訳されていた。concludeで、結論を出す。直訳すると、結末へ続く、か?。
プロフィール

FC2USER172171IPA

グブリー川平(かびら)
おすすめ映画の紹介は
毎月15日と末日
【使用機材】
プロジェクター BenQ HT2550M
スクリーン ファーストスクリーンMB-80W(ビーズ)
ヘッドフォン BOSE Quiet Comfort 25

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示