菅原の白ブリーフ、映画『山口組外伝 九州侵攻作戦』

     山下耕作監督映画『山口組外伝 九州侵攻作戦』(1974年公開)を観た。見てもいいし見なくてもいい。
     映画冒頭、梅宮辰夫が撃たれるシーン。銃撃戦や負傷するショットに迫力なし。ラスト近く、菅原文太が射殺されるグロい映像との差が激しい。梅宮、腹を撃たれたはずなのに左腕を三角巾で吊っている。色々、微妙。
     甲子園競艇場という場所がちらっと映る。しかし、調べてもこの名前の施設が出てこない。なんで?。立ちの姿勢で手打ちのパチンコ台が出てくる。時代だねえ。
     渡瀬恒彦は刑務所に入るのに、菅原文太は自由に出歩いている。同じ殺人犯なのに、すごい差。警察もラストまでほとんど出てこない。ありがち。
     津川雅彦と梅宮の乗る後部座席の車内映像。車窓のボケぐわい流れる感じがなかなか良い。今の映画は車内映像を手抜きしすぎ。
     渚まゆみのおっぱいポロリはあるけど、吹き替えらしい。よく見るとわかるけど、顔とヌード全体が映っているショットはない。ポロリもアップがあるだけ。
     結局、小競り合いしたり、座って話し合いしているだけ。対決のカタルシスがない。全く盛り上がらない。
    プロフィール

    FC2USER172171IPA

    グブリー川平(かびら)
    おすすめ映画の紹介は
    毎月15日と末日
    【使用機材】
    プロジェクター BenQ HT2550M
    スクリーン ファーストスクリーンMB-80W(ビーズ)
    ヘッドフォン BOSE Quiet Comfort 25

    最新記事
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示