映画『太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男』

     平山秀幸監督映画『太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男』(2011年公開)を観た。撮影はちゃんとしている。けど、微妙。
     戦闘シーン、爆破シーンが多く、そこそこ迫力あり。けど、戦車の残骸はあるけど、戦車が出てくるシーンはないとか、迫撃砲?の着弾はあるけど、撃つシーンはないとか、爆撃機がもろCGとか、映画的省略は感じられる。エンドロールに特撮監督として尾上克郎の名がある。
     汚しそこそこ良い。山の中での生活、収容所での生活など、汚い感じは出ている。ジャングルシーンは多め。
     外人部分の映像がわりと自然。US Director Cellin Gluckとエンドロールにあるように、外人の監督が参加している効果は出ている。
     ただし、お話部分は微妙。
     まず、戦闘地域と収容所の位置関係がわかりにくい。映画冒頭、井上真央が米軍の占領地域を歩いている。ショットが変わるると山の中で、米兵に攻撃されている。日本人が戦闘地域と占領地域を自由に行き来できるんですかねえ?その後も、竹野内が収容所(CAMP SUSUPE)に忍び込んだり、唐沢寿明たちが忍び込んだり行き来している。うーん、そんなことあったのか?。地理的位置関係が不明すぎる。
     あと、竹野内豊が外人が噂するほど賢いとは思えない。赤ちゃん助けたのと、ジャングル戦でトラップ仕掛けたのと、兵隊と民間人を山奥に逃しただけ。籠城がうまいとは言えるけど。それ以前に、米軍の脇が甘いだけなのでは?。
     エンドロールにTHAI Crewとあるので、ロケ地はタイか?。
     今日の英単語。
     「Jap」日本人を指す蔑称。「banzai attack」玉砕覚悟の突撃。「banzai cliff」サイパン島最北端の岬。「USMC」United States Marine Corpsの略、アメリカ海兵隊。「H.Q. Company」本部中隊。H.Q.は、headquartersの略。司令部、本部。「Go on.」続けて。
    プロフィール

    FC2USER172171IPA

    グブリー川平(かびら)
    おすすめ映画の紹介は
    毎月15日と末日
    【使用機材】
    プロジェクター BenQ HT2550M
    スクリーン ファーストスクリーンMB-80W(ビーズ)
    ヘッドフォン BOSE Quiet Comfort 25

    最新記事
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示