BOSE Quiet Comfort 2用の交換パッドが届いた

BOSE交換パッド

 BOSE Quiet Comfort 2用の交換パッドが届いた。商品には「Bose QuietComfort 15対応 QC15,QC2,AE2,AE2i対応」と書かれている。
 上の写真のように本当に簡易包装。ま、それ以上何も望まないけど。
 パッドの取り付けは、ハウジング周りの爪にパッドを押し込んでいく感じ。マイナスの精密ドライバーで押し込んでいった。至って簡単な構造だが、ヘッドフォンを装着した時の遮蔽感は優秀。前に、ベールが一枚かかっている感じ、と音質を表現したが、今回のパッド交換作業中に、ハウジング内部を守るための黒いネットを取り外すと、センター定位がビシっと決まるようになった。
 細かいことだが、パッドの厚みがビミョーに違うことに気づいた。実用上なんの問題もないし、安いんだからこれ以上のクオリティーを求める気もない。もし、音質重視、仕事に使っている、なんて場合はやっぱりBOSEから買ったほうがいいかも。

インドネシアの声、聴こえてる!

 土日、海外日本語放送を聴いていた。
 21:34ごろ、9526kHzで女性の日本語が聞こえてきた。これがなんというのか、しばらくは日本語がしゃべられていることを理解できなかった。それほど、日本語がたどたどしい。
 放送終了が音楽を流しっぱなしで終わってしまい、日本語でのID確認はできなかったのだが、22時過ぎに英語のアナウンスがあり、インドネシアの声であることを確認できた。
 子供の頃からのBCL歴を遡行しても、インドネシアの声は初受信。ネット上に停波しているという情報もあり、何度かワッチしていたけど、まったく聞こえてなかった。諦めていたので、ちょっとうれしい。
 それにしてもなんとも不思議な局だなあ。台湾、ベトナム、オーストラリア(HCJB)と縦の線の放送局は安定して聞こえているのに、インドネシアのこの受信状態の不安定さは何なのかなあ。ま、ワッチ最大の障害は、局アナの日本語、だと思うけど、、世界は広いですな。

イランイスラム共和国国際放送日本語の放送時間変更

2013/09/28 土曜日 イランイスラム共和国国際放送ラジオ日本語にて、23時14分ごろ放送時間変更のアナウンスがあった。内容は以下のとおり。

午後の放送が22:20開始、午前の放送が05:50開始。この変更はあす、日曜日からとのことです。

BOSEヘッドフォン交換パッド

「ヘッドフォン」で検索していたら、BOSEのヘッドフォンも出てきて、独占寡占販売も緩んできたのかな、なんて思いつつつらつら見ていると、じぇじぇじぇ!交換パッドが千円。あきさみよー、あいごー、アッチョンブリケ。
 すぐに物置をあさり、BOSE Quiet Comfort 2であることを確認しぽちっと。
 いやはや、QC2のノイズキャンセリング機能はとても良いのだが、パッドの劣化が早くて、以前、一度交換したことがあるけど、三千八百円も取られた。髭剃り商法にしては、本体も高すぎる。その後またまた、パッドが劣化し見た目も使い心地も悪くなり、いつの間にか物置へ。
 今回、安い交換パッドが再利用の機会を与えてくれて、嬉しい。
 QC2の音質は、若干なまる。ベールが一枚かかった感じ。だけど、静寂感は独特で、慣れると、自分の心音が気になるほど。語学学習用に超おすすめ。後、昼寝に最高。

Xubuntu13.10 Daily Buildを使ってみる

 FUJITSU PRIMERGY TX100 S3にXubuntu13.10 Daily Build 64bitをインストールしてみた。
 インストールは問題なく終了。うーむ、Windows xpで苦労しただけに、Ubuntuのこの速さと簡便さは素晴らしいな。
 日本語入力関係の変更が印象的。まずハイパーキー+スペースキーで入力を切り替える仕様に戸惑った。設定画面も大幅変更。
 MOZCを入れたら入力切替は以前のまま(半角/全角)キー。MOZCのアイコンが出っぱなしで不安定な感じ。

 困ったことに再起動したらクラッシュした。ま、これはいつものことなんだが、クラッシュレポートも送信できなくなった。これにはまいった。せっかくの人柱、その結果が開発に貢献(大袈裟)できないのでは、人柱の意味なし!
 13.04に戻しました。これ書いている現在、Ibus-Mozcを使っているんだけど、インライン表示がおぼつかない。昔からそうなんだけど、そろそろ解決してくれないかなあ。

Lenovo ThinkPad T60へのWindows xp SP3インストール手順(2013/09/25現在)

Lenovo ThinkPad T60へのWindows xp SP3インストール手順(2013/09/25現在)

事前に有線LANドライバIntel PRO/1000アダプタ(7kra26wj)を準備しておくこと。
起動時に、BIOSの設定を確認すること。HDDをACHIからCompatibilityに変更(重要、xpはACHIドライバを持ってないのでインストールが途中で停止する)、起動優先ドライブをCD/DVDドライブに変更すること。

1,xpをインストールする。Windows updateの設定を自動更新にする(重要、手動更新はエラーの発生やトラブルが頻出していて更新できない)。

2,画面、サウンド、システムの設定。タスクバーのプロパティからスタートの設定。不要なWindowsコンポーネントの削除などを行う(再起動の速度を向上させるため)。

3,有線LANドライバIntel PRO/1000アダプタ(7kra26wj)をインストールする。

4,Windows認証を行う。

5,MicrosoftのサイトからMicrosoft .NET Framework 3.5 SP1フルパッケージ(dotnetfx35)をインストールする。
2.0のみをインストールしてもよいが、Windows updateで後から3.0、3.5も自動的にインストールされてしまうので、ここでインストールしておくとよい。3.5は必ずフルパッケージをインストールすること。重要、3.5のみだと、インストールが終了しない(プログラムが応答しない)現象が起こる。

6,LenovoのサイトからSystem Update 3.16(systemupdate3.16-2013-7-10)をインストールする。
PCを再起動。
System Update 3を実行する。
Intel Chipset Support 5、 ATI Mobility-RADEON(ビデオ)、 Lenovo Power Management Driver(電源)、 Synaptic ThinkPad Ultra Nav Driver(タッチパッド)、 ThinkPad Audio Features 6(オーディオ)をインストールする。後はおこのみで必要なドライバを選択してちょ。

7,Internet Explorar 6をInternet Explorar 8にアップデートする。
Microsoft Download Centerよりダウンロード、インストールする。重要、インストール途中で二度表示される更新プログラムは絶対にインストールしないこと。インストールが終了しない(プログラムが応答しない)現象が起こる。

HDDにACHIドライバを使いたい場合。
LenovoのサイトからIntel Matrix Storage Maneger Driver(6iim10wj)をインストール、実行する。
スタート→検索で「PREPARE」フォルダを探し、その中の「install」を実行する。
PCを再起動する。ThinkVantageキー、F1キーを押してBIOS画面へ。
BIOS画面からConfig-Serial ATA(SATA)-CompatibilityをACHIに変更する。
xpが起動し、「新しいハードウエアの検出」が出たら、C:¥DRIVER¥WIN¥IMSMを指定する。重要、¥PREPAREでないことに注意。

無線LANを使いたい場合。
LenovoのサイトからIntel ワイヤレスLAN(11abgn)(8aw217wj)をインストールする。

後は、ccleaner、Firefox、google日本語入力、Adobe Flash Playerなど、お好みのソフトをインストール。

もし、ウイルス対策ソフトにMicrosoft Security Essentialsを使いたいなら、Windows update自動更新が終了してから、ダウンロード、インストールすること。自動更新が済んでないとMicrosoft Security Essentialsのインストールが終了しない(プログラムが応答しない)現象が起こる。

Windows updateの中のWindows Genuine Advantage通知ツールのインストールには時間がかかるので、プログラムが応答してないと思って強制終了させないように注意が必要。タスクマネージャーで確認するとCPUはちゃんと仕事している。

【インストール作業を何度か試してみての感想】
 ネット検索をかけるとWindows updateのトラブルが非常に多い。ネットにあがっている対策を試したが、手動更新のトラブルを解決できなかった。この不具合が放置され続けているということは、すでにMicrosoftはxpユーザーを切り捨てているということかな。
 Ubuntuがタブレットを意識したUnityというUIに変更して、Ubuntuからユーザーが離れた。僕もXubuntuに乗り換えた。Ubuntuは無料だし、ディストリビューションも無数にあるので簡単に乗り換えられる。しかし、使ってないけどWindows8は困る。なぜ、タブレットのためにこれまでのPCユーザーが不便で非生産的にならなければならないのか? UbuntuやWindows8の開発者は使いやすくなったと言っているけど、お前たちに使いやすさを決められたくない。使いやすさを決めるのはユーザーだろ!
 さらにUbuntuやWindowsに群がるメディアがユーザーの意見を全く反映していないのもただただ落胆する。こんな当たり前のことを書けない発言できない人々がメディアを名乗り、給料をもらっているとは。
 死して名を成す。PCとタブレットのOSを分けて開発したAppleのスティーブ・ジョブズの天才性が証明されていしまう、この皮肉。
プロフィール

FC2USER172171IPA

グブリー川平(かびら)
おすすめ映画の紹介は
毎月15日と末日
【使用機材】
プロジェクター BenQ HT2550M
スクリーン ファーストスクリーンMB-80W(ビーズ)
ヘッドフォン BOSE Quiet Comfort 25

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示