2020年09月前半観たおすすめ映画(邦画・洋画)

    2020年09月前半観たおすすめ映画(邦画・洋画)
     2020年09月前半観た映画は邦画7、洋画8、計15本。

    【次点】

    『オーシャン・オブ・ファイヤー』監督ジョー・ジョンストン、2004年公開、2020/9/12掲載。
     馬と騎手の出自を重ね合わせた脚本はよくできている。アドベンチャーやアクションも盛り込まれ、砂漠の風景が雄大。大きな画面で是非。

    【次点の次点】

    『巴里のアメリカ人』監督ヴィンセント・ミネリ、1952年公開、2020/9/7掲載。
     前半のメロドラマ部分はつまらない。けど、後半のピアノ演奏とミュージカルシーンはすごい。『雨に唄えば』(2019/3/16掲載)に比べると落ちるが、見る価値はある。

    『NOBODY』監督大川俊道、1994年公開、2020/9/8掲載。
     ホラーというかサスペンス調の雰囲気でどんどん展開していく。アクションシーンももたもたせず好印象。低予算ながら最後まで見れる。

    【多分駄作】

    『金星』早送りで見たので正確な評価はできない。そのくらいの作品。

    2020年08月後半観たおすすめ映画(邦画・洋画)

    2020年08月後半観たおすすめ映画(邦画・洋画)
     2020年08月後半観た映画は邦画7、洋画9、計16本。

    アニメ映画『Mr.インクレディブル』監督ブラッド・バード、2004年公開、2020/8/31掲載。
     スピーディーな見せ方が展開、描写ともにめちゃくちゃうまい。超能力の描き方は手加減がなくシュールにさえ見える。文句なく楽しめる。おすすめ。

    【次点】

    アニメ映画『ウォーリー』監督アンドリュー・スタントン、2008年公開、2020/8/17掲載。
     映画前半のゴミで作られた都市の姿が大画面向きで素晴らしい。後半になり人間が登場すると若干落ちる。

    アニメ映画『ファインディング・ニモ』監督アンドリュー・スタントン、2003年公開、2020/8/25掲載。
     BenQプロジェクターHT2550M+ファーストスクリーンMB-80W(ビーズ)で見ると発色が素晴らしい。カラフルさでは『パコと魔法の絵本』(2014/4/27掲載)と互角。

    【次点の次点】

    アニメ映画『トイ・ストーリー2』監督ジョン・ラセター、2000年公開、2020/8/24掲載。
     『トイ・ストーリー』(2020/7/27掲載)と同じ救出劇だが、2はバタバタしていてかなり落ちる。ただジェシーの回想は映像と歌で表現されていてうまい。

    『天井桟敷の人々(第一幕 犯罪大通り)』監督マルセル・カルネ、1952年公開、フランス製作、2020/8/29掲載。
     ジャン=ルイ・バローのパントマイムは見る価値あり。美人美人ともてはやされるガランス役のアルレッティがたいしたことないので、かなり白ける。

    【残念】

    『ウインド・リバー』監督テイラー・シェリダン、2018年公開、2020/8/19掲載。
     インディアン居留地とハンター、FBIも登場して殺人事件を追う。設定が面白くて興味深く見れるけど、穴も多め。ブラッシュアップすればいい作品なのになあ。

    『白昼の決闘』監督キング・ヴィダー、1951年公開、2020/8/27掲載。
     混血女性の独立した生き方を主観で描けば面白かったのに。周りに配置されている男優が名優なので誰の物語なのかわからなくなる部分あり。今、伸び盛りの女優でリメイクすれば面白くなるはず。

    2020年08月前半観たおすすめ映画(邦画・洋画)

    2020年08月前半観たおすすめ映画(邦画・洋画)
     2020年08月前半観た映画は邦画6、洋画9、計15本。

    【次点】

    アニメ映画『アイス・エイジ』監督クリス・ウェッジ、2002年公開、2020/8/2掲載。
     スクラットを描いた映画冒頭は最高。クリスが描きたかったのはスクラットだったはず。あとはおまけ。

    アニメ映画『モンスターズ・インク』監督ピート・ドクター、2002年公開、2020/8/15掲載。
     サリーの毛の質感、ドア倉庫の空間表現など描画が素晴らしい。世界観も良くできている。

    【次点の次点】

    『三十四丁目の奇蹟』監督ジョージ・シートン、1948年公開、2020/8/3掲載。
     サンタの話と思わせて後半は裁判劇。サンタの実力が超能力や特撮でないのが良い。ただし、画質が非常に悪い。

    『サスペリアPART2』監督ダリオ・アルジェント、1978年公開、2020/8/6掲載。
     撮影、音楽ともに独特。サスペンス部分はイマイチ。

    『シェーン』監督ジョージ・スティーヴンス、1953年公開、2020/8/7掲載。
     アクションシーンは今の目で見ると拙いけど迫力はある。少年には成長期に家族以外の年上の男(メンター)が必要だということを描いた典型的な物語。

    『青いパパイヤの香り』監督トラン・アン・ユン、1994年公開、ベトナム・フランス合作、2020/8/10掲載。
     撮影、照明、音楽ともに独特。セリフを極力削り映像で見せる脚本は良い。子役と二十歳のムイ役もうまい。

    『上を向いて歩こう』監督舛田利雄、1962年公開、2020/8/11掲載。
     撮影、編集ともにテンポがいい。映画冒頭のチンピラ役高橋英樹、精神のタガが外れたような演技をする浜田光夫、うまいのか下手なのかわからない坂本九、と振り切った感じの俳優陣は見てもいいかも。

    2020年07月後半観たおすすめ映画(邦画・洋画)

    2020年07月後半観たおすすめ映画(邦画・洋画)
     2020年07月後半観た映画は邦画6、洋画7、計13本。

    【次点】

    『孤狼の血』監督白石和彌、2018年公開、2020/7/16掲載。
     描写に手加減がなく、特にグロい表現はよくできている。ただ、邦画の欠点なんだけど、アクションシーンがしょぼい。

    アニメ『トイ・ストーリー』監督ジョン・ラセター、1996年公開、2020/7/27掲載。
     描写が明快でカラフル、スピード感あり。お話は前フリが十分振られていて、展開はスムーズ。

    【次点の次点】

    『6才のボクが、大人になるまで』監督リチャード・リンクレイター、2014年公開、2020/7/29掲載。
     壮大な順撮りを実際に実行している点はすごい。アメリカの風俗習慣が表現されている。

    【残念】

    『見えない目撃者』監督森淳一、2019年公開、2020/7/24掲載。
     面白いけど、穴も多め。吉岡里帆のめくら演技はもう一つ。ブラッシュアップすれば良くなりそうだけど、邦画にそんな余裕はないかな。

    【駄作】『her/世界でひとつの彼女』『人間魚雷出撃す』

    2020年07月前半観たおすすめ映画(邦画・洋画)

    2020年07月前半観たおすすめ映画(邦画・洋画)
     2020年07月前半観た映画は邦画6、洋画9、計15本。

    【次点の次点】

    アニメ映画『ランゴ』、監督ゴア・ヴァービンスキー、2011年公開、2020/7/1掲載。
     西部劇のパロディで楽しめる。干ばつの原因が自然破壊だという皮肉も効いている。

    アニメ映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』、監督庵野秀明、2007年公開、2020/7/2掲載。
    アニメ映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』、監督庵野秀明、2009年公開、2020/7/6掲載。
     SFと見せかけてお色気シーン豊富。やる気のない主人公というのは珍しいし、女たちに囲まれた童貞という設定は面白い。『破』にはBCLラジオが出てくる。

    『キートンの大列車追跡』、監督バスター・キートン、クライド・ブラックマン、1926年公開、2020/7/4掲載。
     無声映画で映画冒頭の説明シーンは飽きるけど、汽車チェイスシーンになると盛り上がる。ただ残念なのは、バスターの顔が怖いし二枚目なのでギャグが笑えない。

    『プレシャス』、監督リー・ダニエルズ、2010年公開、2020/7/5掲載。
     アメリカ下層階級の若者の話。母親役のモニークは見る価値あり。マライア・キャリーが普通の感じでびっくり。

    『怒りの葡萄』、監督ジョン・フォード、1963年公開、2020/7/7掲載。
     こちらはアメリカ下層階級のロードムービー。貧乏だけど自動車は持てるというのがアメリカらしい。

    【駄作】『地の群れ』
    プロフィール

    FC2USER172171IPA

    グブリー川平(かびら)
    おすすめ映画の紹介は
    毎月15日と末日
    【使用機材】
    プロジェクター BenQ HT2550M
    スクリーン ファーストスクリーンMB-80W(ビーズ)
    ヘッドフォン BOSE Quiet Comfort 25

    最新記事
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示