ボイス・オブ・インドネシア日本語放送を受信

voiceofindonesia

 ボイス・オブ・インドネシアの日本語放送(2018/10/10,21:00〜22:00,3325kHz)を「久しぶりに」受信した。
 これまでTECSUN PL-660付属のワイヤーアンテナ(4m)を使っていたのだけど、今日、20mワイヤーアンテナを新調した。といっても単に銅線を外にはわしただけなんだけどね。
 いやはや、効果は絶大。各局、強力に入感。IRIB国際放送ラジオ日本語が放送終了していて、インターバルでアナウンスしているのは知らなかった。
 で、インドネシアの声なんだけど、放送では「ボイス・オブ・インドネシア」とアナウンスしていた。20時30分頃までは混信に悩まされたけど、27分の「インドネシアの魅力」、33分の「インドネシア語講座」などのコーナー名は聴き取れた。SINPO=32332〜33333。
 信号はある程度強いのだけど明瞭度が低い。理解できるのは内容の三割ぐらい。最大の難関は訛というか癖のある日本語を話す女性アナウンサーの時間。日本語かどうかも判然としないほど。習うより慣れろ。聴き続けて耳フィルターを鍛えていかないと。

久しぶりに「インドネシアの声」をキャッチ

 いやはや新年度ということもありTECSUN PL-660に火を入れて9526kHzを21:00からワッチしていたら「日本語プログラム」と女性のアナウンス。おっと集中して聞き続けると21:19分頃男性アナの声で「インドネシアの声はホームページからもお楽しみいただけます」というアナウンス。やりましたあ。何年ぶりだろう。小学生の頃にラジカセの短波ラジオでラジオカワセミの声に驚いていたあの日の感動を思い出しましたなあ。うるうる。

インドネシアの声、聴こえてる!

 土日、海外日本語放送を聴いていた。
 21:34ごろ、9526kHzで女性の日本語が聞こえてきた。これがなんというのか、しばらくは日本語がしゃべられていることを理解できなかった。それほど、日本語がたどたどしい。
 放送終了が音楽を流しっぱなしで終わってしまい、日本語でのID確認はできなかったのだが、22時過ぎに英語のアナウンスがあり、インドネシアの声であることを確認できた。
 子供の頃からのBCL歴を遡行しても、インドネシアの声は初受信。ネット上に停波しているという情報もあり、何度かワッチしていたけど、まったく聞こえてなかった。諦めていたので、ちょっとうれしい。
 それにしてもなんとも不思議な局だなあ。台湾、ベトナム、オーストラリア(HCJB)と縦の線の放送局は安定して聞こえているのに、インドネシアのこの受信状態の不安定さは何なのかなあ。ま、ワッチ最大の障害は、局アナの日本語、だと思うけど、、世界は広いですな。

イランイスラム共和国国際放送日本語の放送時間変更

2013/09/28 土曜日 イランイスラム共和国国際放送ラジオ日本語にて、23時14分ごろ放送時間変更のアナウンスがあった。内容は以下のとおり。

午後の放送が22:20開始、午前の放送が05:50開始。この変更はあす、日曜日からとのことです。
プロフィール

FC2USER172171IPA

グブリー川平(かびら)
おすすめ映画の紹介は
毎月15日と末日
【使用機材】
プロジェクター BenQ HT2550M
スクリーン ファーストスクリーンMB-80W(ビーズ)
ヘッドフォン BOSE Quiet Comfort 25

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示