エプソンのスキャナドライバーに呆れる

px049a

 エプソンの複合機(プリンターとスキャナ)PX-049Aを使う機会があった。
 PC本体のOSはXubuntu 18.04LTS。
 いつものようにエプソンのサイトを覗くとちゃんとPX-049A用のドライバーが用意されているので、つかってみたのだけど、、。
 プリンターは使える。これはPX-045Aと全く同じ。
 鬼門のスキャナ。PX-045Aは全く使い物ならなかったので、恐る恐るドライバーをインストール。
 が、表現しづらい中途半端さで使えない。
 まずSimple Scan。起動する、スキャンを押すとPX-049Aを認識しているようだけど、スキャナ本体は動く気配すらない。ずーっと沈黙しているまんま。スキャンできず。
 ドライバーとともにインストールされるImage Scanを起動する。PX-049Aを認識している。スキャンを押すと、Scanning Dialogの横に「名前をつけて保存...」のダイアログボックスが出現。
 画面の前でしばし呆然。まだ、スキャンを済ませてないのに、なんで保存先をきいてくるんだあ?埴輪顔。
 とりあえずOKを押すと。スキャンが始まり、画像はフォルダの中に保存されたよう。だけど、だけど、Scanning Dialogには画像が何も出てこない。
 普通さあ、スキャンした画像が出てきて、確認したり回転させたり調整してから保存に進むわけでしょう。
 つまり、このPX-049A用のドライバー付属のスキャナソフトを使うと画像を確認することもできずに、ただ単にスキャンした画像が指定先のフォルダに保存されるだけなの。うーん、作りが幼稚というか、でたらめすぎる。
 結局、Xsaneをインストールして使ってみると、普通に、普通に、PX-049Aのスキャナが動いてくれた。
 うーん、エプソン、ひどすぎる。PX-045Aまでのドライバーの不具合は我慢してきたけど、PX-049Aまでこの体たらくとは、確信犯としか思えない。
 Linuxも対応してますなんて姿勢見せておいて、内容はこの片手間の作業。エプソンには心底がっかりした。はっきり言って、このレベルならLinux用ドライバーなんか出してもらわなくて結構。他のメーカーの複合機買うし。今更、プリンターなんか流行らないかな。

EPSON PX-045AをXubuntu17.04で使えるようにする

 Xubuntu16.04あたりからEPSONのプリンターPX-045Aのスキャナーが使えないということに気がついていたのだけど、そのまま忘れていた。
 17.04にしたら使えないことがすごく気になりだしたので(使えないと困るし)、なんとか動かしてみたい。
 普通にドライバーをインストールして(2013/12/28掲載)、スキャナーを使おうとすると、しばらく考え込んでから「スキャナにコマンドを転送できません」と冷たいメッセージが出てうんともすんとも。取り付く島もない。
 そこで、以下の手順を踏めばスキャナーも動いた。

1、端末から以下のように入力し、実行する。
sudo apt-get install lsb xsltproc

2、EPSONのサイトより型番を入力、OSを選択してドライバーのファイルをダウンロードする。

プリンタードライバーが以下の二つのファイル
epson-inkjet-printer-201204j_1.0.0-1lsb3.2_amd64.deb
epson-printer-utility_1.0.2-1lsb3.2_amd64.deb

スキャナーのドライバーが(iscan-bundle-1.0.4.x64.deb.tar.gz圧縮ファイルを展開すると)以下の三つのファイル
iscan-data_1.39.0-1_all.deb
iscan_2.30.3-1_amd64.deb
iscan-network-nt_1.1.1-1_amd64.deb

以上のファイルをインストールする(ファイルをダブルクリックするとソフトウエアセンターが開くので、普通にインストール)。

3、/etc/sane.d/dll.confの編集。
端末より
sudo gedit /etc/sane.d/dll.conf
と入力し実行(ここではテキストエディタにgeditを使った。各々使い慣れたエディタで開いてください)。ファイル/etc/sane.d/dll.confが開くので、中段にある以下の部分のepson2を#epson2に、そのすぐしたの行にepkowaを挿入する。

【変更前】
dell1600n_net
dmc
epjitsu
#epson
epson2
epsonds
fujitsu
#gphoto2
genesys
gt68xx
hp

【変更後】
dell1600n_net
dmc
epjitsu
#epson
#epson2
epkowa

epsonds
fujitsu
#gphoto2
genesys
gt68xx
hp

編集が終わったら保存して閉じる。端末にgeditのエラーメッセージが出るけど気にせずに(編集は反映されている)。

4、PCを再起動。

5、プリンターを接続して電源を入れる。
メニュー→設定マネージャー→プリンターとたどり追加ボタンを押す。テスト印刷を試してちゃんと動くか確認する。
メニュー→グラフィック→Simple Scan(またはImage Scan! for Linux)とたどりスキャナーがちゃんと動くか確認する。

参考サイト

「gihyo.jp」の「第286回 UbuntuからEPSON複合機EP-805Aを使用する

「沖縄散策日記」の「Lubuntu 16.04でエプソンのPX-045Aを使う

EPSON PX-045A用ドライバーで起動しないトラブル

 Linux用ドライバーをインストールしてもEPSON PX-045Aのスキャナーが使えない(プリンターは使える)というトラブルはXubuntu 12.04あたりから発生していて、もうスキャナーを使うのは諦めていたのだけど。
 Xubuntu 16.10になって、何気なく
sudo apt-get install lsbの後、
iscan-data_1.36.0-1_all.deb
iscan_2.30.1-1~usb0.1.ltdl7_amd64.deb
 をインストールしたら、スキャナーが使えないのは当然の上、PCが再起動できなくなった。あえなく、OSをクリーンインストールして、バックアップで元に戻せたけど、相当、焦った。
 使用環境 PC NEC MY30A/E-8、OS Xubuntu 16.10(64bit)

NEC PC-MY30A/E-8へビデオカード取り付け


MSI VD5932 GT710 1GD3H LP

 NEC PC-MY30A/E-8の動画再生で若干、動きにスムーズさが足りないような気がしたので、ビデオカードの装着を考えてみた。
 取り付けられるビデオカードの条件はPCI Express、Low Profile。後、筐体内部が非常に狭いのでヒートシンクの形と厚みにも注意しなくてはならない。で、実際装着してみた結果を示すと、

MSI R5450-MD1GD3H/LP
 取り付け可。ただし、D-Sub端子と基盤をつないでいるコードが非常に短いため、D-Sub端子を筐体に取り付けるのはかなり無理がある。HDMI、DVIのみの使用なら問題ない。

玄人志向 RH5450-LE1GB/D3/H5
 取り付け不可。ヒートシンクが出力端子側まで伸びている独特な形。これが筐体の排熱ファンにぶつかる。後、メモリーにもぶつかる。物理的に取り付けできない。

MSI GT710 1GD3H LP
 取り付け可。全く問題なし。Xubuntu 16.04(LTS)で起動してみたけど、最初から認識する。

「インストールしたらすぐ使える」Xubuntu15.10

Xubuntu15.10をインストールしてみた
 Fujitsu Primergy TX100 S3にXubuntu15.10(32bit)をインストールしてみた。
 時間は30分くらい。何の問題もなくするっとインストールできた。
 再起動した時点で日本語変換のfcitxやmozcもインストールされていて、初心者にもハードルが下がって非常に良い感じ。
 いろいろトラブルのあったワープロソフトAbiwordが外されて、汎用性の高いLibreOffice関係ソフトに置き換えられている。ここも最初から使い勝手がいい感じ。
 いやーやっと「インストールしたらすぐに使える」といえるOSになったなと思う。
 5年間Ubuntu関係リストリビューションを使い続けてきたけど、今回のリリースが最も使いやすいと思う。
プロフィール

FC2USER172171IPA

グブリー川平(かびら)
おすすめ映画の紹介は
毎月15日と末日
【使用機材】
プロジェクター BenQ HT2550M
スクリーン ファーストスクリーンMB-80W(ビーズ)
ヘッドフォン BOSE Quiet Comfort 25

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示